カジノIRジャパン

東京カジノアミューズメント計画とプロジェクト構想の行方

カジノを含む統合型リゾート(IR)の東京都の動向に注目が集まっています。

カジノ法案に先立ち、カジノ構想についての推進地であった東京都が慎重な姿勢をみせIR有利の是非についても先送りをしています。

国よりも先にカジノ推進を打ち上げていた小池百合子都知事も含めて、検討が慎重になっている背景について触れていきます。

 

IR誘致の意見調査での計画予定・検討地域

 

IR誘致の予定地域
  1. 北海道
  2. 千葉市
  3. 東京都
  4. 横浜市
  5. 名古屋市
  6. 大阪府・大阪市
  7. 和歌山県
  8. 長崎県

※あくまでもIR(カジノを含む統合型リゾート)施設による誘致を予定・検討している地域であり、カジノができる地域が確定しているわけではありません。

 

東京都が正式にIR立候補しない理由は何か?

 

東京都は国よりも先にカジノ構想を打ち出していたにも関わらず、検討中として是非を明らかにしないのは明らかに大人の事情を含んでいると思われます。

正式に東京都がIRに立候補しない理由
  1. 東京オリンピック・パラリンピックを控えている
  2. 東京都知事選挙を控えている
  3. 築地跡地は住民反対の深刻化懸念がある
  4. お台場で手に入る広大な土地と治安管理の問題
  5. ギャンブル依存症者の増加懸念
  6. 外国人労働者の増加と治安の悪化懸念

東京都も東京オリンピックや東京都知事選が終わると正式に立候補してくると思われますが、水面下では着々と計画が進んでいると考えるのが現実的かと思われます。

反対意見も当然有りながら、限られた土地の中でどれだけ広大な土地を使うことができる用になるかも大きな焦点となってきます。

 

検討中の関東経済規模

 

都道府県

/市町村

総人口

(1,000人)

県内総生産

(10億円)

宿泊者数

(1,000人泊)

外国人宿泊者数

(1,000人泊)

東京都 13,624 104,470 61,201 21,767
千葉市 6,236 20,393 25,184 4,056

 

東京都の外国人宿泊者は、大阪府の約2倍近くあるのでチャンスとしても当然2倍の可能エイを秘めているとも言えます。

このような経済規模があることを前提に、東京都を候補地から外すという選択肢が生まれる事があり得ないことでもあるかと思います。

 

IR事業者の日本参入で必要なこと

 

IR上限数は「3」で、事業者は「3」の席を巡り競争が始まっています。

日本におけるIR事業主体は、海外IR事業者・国内開発系企業・地域企業等の主要株主とするコンソーシアムが基本となるので、海外IR事業者は参画する地域を決めコンソーシアムを組成していく必要があります。

すなわち、日本におけるIR事業主体は共同事業体となる為、任意の組み合わせからなる団体を組成する必要があります。

 

まとめ

 

大阪でのカジノ汚職事件でカジノ事業に関して良いイメージを持たれていない方も多くいると思います。

ですが、日本が抱えている借金をペイできる可能性もあるカジノ事業は日本にとってもプラスになる可能性が大いにある話でもあります。

IR誘致においては、今後も問題が生まれることも前提に話をすすめることになるかと思いますが、日本のためになる最善の選択肢となる様に考えて見るようにしてみましょう。

また違った答えが導き出されると思いますので、可能にするための方法をみんなで探っていきましょう♪

 

日本人プレイヤー【億越え】のジャックポット多数!
ベラジョンカジノは登録~入金まで超カンタン3ステップ!
  1. 登録はメールアドレスと個人情報の入力のみ!当サイト限定の新規限定登録ボーナス$30は申請不要で受取可能♪
  2. クレジットや電子決済、銀行振込等で入金しましょう!クレジット入金がおすすめ♪
  3. 入金が出来たらPCやスマホのどのデバイスからでもプレイ可能♪900種類以上のゲームから選び放題!

 

今なら新規登録で$30ボーナスをプレゼント中♪

詳細ページ公式ページ

 

  • 完全日本語対応だから安心!
  • 厳しい審査を受けたカジノだから安全!
  • セキュリティー対策万全!
  • 遊びすぎが出来ないから安心!
  • 公正なゲームだから安心!